認知症予防のための手話体操・足指まわしで血流、むくみ改善

認知症予防のための手話体操 指文字の説明から頭文字を使って手話の紹介。手話を覚えばながらの体操するディアルタスクを行います。手先を動かすには脳から指令を出し、神経を通り、その後末梢神経を経由して動きに現れます。頭と体の連動を繰り返し刺激し促すことによって脳の活性化、認知症予防へと繋がっていきます。 足指まわしで血流、むくみ改善 重力により全ての体重を支える「足」この足指をほぐすことにより血流を促し、むくみを改善し日々の生活を足から整えていきます。主にセルフマッサージです。

■講師プロフィール

島田 康予先生(シマダ ヤスヨ)