10歳若く見られる人は、若さの秘訣はここが違った!?

10歳若く見られる人

年齢の割に若く見られる人っていますよね!年相応にみられる人と若く見られる人って何が違うのでしょう?お肌や髪のツヤなどが若々しく見られると若く見られると思いますが、実際にスキンケアやヘアケアだけで若く見られるのでしょうか?そこで今回は、10歳若くみられている人は何をしているのか検証してみたいと思います。

10歳若く見られる人は肌のツヤが違う

実際の年齢より若く見られる人は、特にお肌が綺麗な方が多いですよね。きめ細かでハリのある肌は、特に若く見られるようになります。シミやシワが原因で年を取って見られると、それだけで老けて見えてしまいます。特に女性は、スキンケアをしてお肌の若さを維持しようとされている方も多いと思いますが、肌のハリやきめ細かさは、実は代謝の良さとも関係しているのです。代謝の良さは、イコール汗をかきやすい体にすることです。ただ、年齢とともに新陳代謝は悪くなってきます。そして加齢になると汗をかきにくくなってきます。よく顔などが脂ぎってしまう方もいらっしゃいますが、顔が脂ぎっているのは、いい汗とは言えません。

 

いい汗は、水のような感じで汗をかくと皮膚の表面から蒸発してスッキリします。一方、悪い汗は皮膚を伝うようなダラダラとした汗で肌にべたついて不快な感じがします。この違いは、汗腺も健康状態により変わってきます。健康的な体ですと爽やかな汗になりますが、体調が悪いとダラダラと少し脂っぽい感じになります。いい汗は、体温調節がしやすくなるので適度な運動や体を温めるためにお風呂にしっかり使って汗を流すのも良い方法です。血流をよくして、いつでも健康な状態を維持できるように心がけましょう。その先にきめ細かい、ハリのあるお肌が手に入るはずです。

10歳若く見られる人は肌のツヤが違う

10歳若く見られる人は髪の毛のツヤが違う

次に髪の毛について説明をしていきたいと思います。年齢を重ねると髪のハリ・ツヤ・コシが失われてきます。髪の毛がボリュームダウンしてきます。これは老化のサインです。これは、「年齢のせいだから仕方がない」と思われる方も少なくないと思いますが、実は髪の毛のハリ・ツヤ・コシがなくなる人は、頭皮の血行不良が原因として考えられます。健康な髪が生え成長するためには、十分な栄養と酸素が必要で血行が悪く頭皮が硬い状態だと血行不良を招き栄養不足・酸素不足となり髪の毛に悪い影響を及ぼします。まずは頭皮を柔らかくすることを意識してください。

10歳若く見られる人は髪の毛のツヤが違う

例えば美容室のサービスにあるヘッドスパ。ヘッドスパは、頭皮、肩こり、表情筋の血行をよくする働きがあるそうです。髪の栄養は血液が運んでいるので、体中の血液循環が良くなれば髪へ栄養も運ばれることになります。ただし頭皮を柔らかくするなら、同時に肩や首も同時にほぐしてください。肩を回したり、首を回したりと小まめに体を動かすことをお勧めします。また、髪の栄養となる食材などの摂取もお勧めです。納豆、オクラ、さといも、やまいもなど粘り気があるものが髪には良いそうです。ちなみにヘッドスパは頭皮を柔らかくするだけでなく、お肌も艶やかになるので一石二鳥です。

10歳若く見られる人は内臓が元気!

「内臓が元気な人は長生きする」とよく耳にすることがあると思いますが、内臓が元気だといつまでも健康でいられます。内臓の中でも第二の脳と呼ばれている腸を健康にすることが大切です。腸の中には100兆ほどの菌がいますが、その腸内細菌の状態をよくして腸の働きを活性化させる必要があります。腸内が健康だと体全体が元気になります。この腸内の状態を健康にする方法のひとつは食事です。腸内環境の改善には、善玉菌を増やす必要があります。善玉菌は食物繊維を摂取することで増加してきます。特に水溶性食物繊維を多く含む食物繊維の摂取をすることが求められます。水溶性食物繊維が多く含まれる食べ物は、大麦、玉ねぎ、大根、ごぼう、にんにく、らっきょう、エシャロットなど野菜類にキウイフルーツ、パパイヤなど果物類、そして・わかめ、こんぶなどの海藻類も腸内へとても良い食べ物です。このような食べ物で善玉菌を増やすことができます。

10歳若く見られる人は内臓が元気!

そしてもうひとつは、やはり体を動かすことです。腸を含めた内臓が運動とどのような関係があるのか不思議に思われる方もいるかと思います。どのように関係しているかというと、特に筋膜が強張っていると内臓に血流がめぐっていない可能性が高いです。もう少し詳細を説明しますと筋膜とは、全身の筋肉を包み込んでいる膜のことで、筋肉の繊維を包み込むだけでなく胃,腸,心臓,肺,腎臓、腸などの器官や神経などとも連結をしているのです。筋膜は器官、神経、リンパなどを結び詰ける働きもあり、筋膜をほぐすことで必然的に血流はよくなります。血流がよくなると内臓器官も血液の巡りがよくなり、それぞれの内臓の活動が活発になり元気に活動してくれます。そして筋膜は内臓以外にも、皮膚の血流にも良い影響を及ぼすのでお肌も健康になり艶やかになります。

まとめ

今回は、10歳若く見られる人は何が違うのか説明してきました。ここまでお読みいただくとおわかりになるかと思いますがお肌にしても髪の毛にしても内臓にしても若々しくいるためのポイントは、血流をよくすることです。別々にご説明をしてきましたが全て繋がっているのです。若さを意識してスキンケアやヘアケアなどに注力をされていた方が多いのではないでしょうか?しかし実際には、内面から健康にしていかないと10歳若く見られるは実現できないのです。適度に体を動かし、体の不調を少しでもよくするために健康な体作りが大切なのです。

 

健康は継続的な取り組みが理想です。

マナビバは毎日、通えて楽しめるので継続して体を動かすことができます。まずは無料で体験をして健康習慣を身につけませんか?

体験については、こちらからご覧ください。

体験のご案内

体験のご案内は画像をクリック