梅雨時期の体調不良は自律神経を整えて血流改善がポイント!

梅雨時期に体調不良になる原因は?

気候の変わり目は体調不良の原因に…

梅雨の時期になると体調不良になる方も多いのではないでしょうか?この体調不良の原因はいくつかあると思います。以前のブログでも書きましたが、ひとつは季節の変わり目で起きる体調の悪化。特に春先にかけて気候の変化、寒暖差や気圧の変化が大きくなる時期になり体がついていけなくなることが原因です。そして梅雨の時期になると雨で気圧が低い日が多くなり、自律神経が乱れて肩こりや神経痛、関節痛などが原因で目眩や吐き気を催す方もいます。

梅雨の不快感と気温の低さが体調不良を招くことも…

梅雨の時期になると気圧による不調のほかに湿気による不快感で薄着になったり、寝るときに布団を毛布からタオルケットに変えて寝てしまったりする方も多いと思います。蒸し暑いような涼しいような難しい気温になり温度調節が難しいのと自律神経が乱れると体内の血流も悪くなり余計に内臓にも負担がかかりやすくなり体調不良に陥りやすくなります。

このような状況に陥ると便秘や下痢などの症状、朝起きたら寒気を感じて体調が芳しくないなんてことにもなりかねません。梅雨の時期は自律神経の乱れと気温の変化が体調不良を招くことになります。

梅雨時期に体調不良になる原因は?

体調不良にならないための対策はどうすればよい?

自律神経を整えるための血流改善ポイント

自律神経を整えるには、いくつかのポイントがあります。自律神経が乱れている場合は、メンタルにも影響を及ぼします。自律神経が乱れ体調不良になった場合は、まず生活する中で頑張りすぎないことです。普段の生活と同じペースで動いていたけど、なんとなく疲れやすかったり、気分まで落ち込んだりしまったりと自立心けが乱れていると普段より疲労を感じやすくなります。そうなる前に場合は早めに寝る、お風呂に少し長めに浸かるなどして可能な限りストレスを感じないような環境を意識して生活をしていきましょう。そしてもうひとつ大事なのが血流をよくしてあげることです。

血流改善には無理せず体を動かしてスッキリすることです。

体を動かすと体が温かくなって血流がよくなります。ただ、普段あまり運動をしていない人がハードな運動をして血流を良くしようとすると余計に疲労を感じてしまい継続して体を動かすことが出来なくなる可能性があります。梅雨の時期だと湿気の息苦しさなども相まって余計に不快に感じてしまうでしょう。運動をしてストレスが溜まってしまったら元も子もありません。無理せず体を動かしてスッキリするには、呼吸をしっかりできるストレッチなど体への負荷もそれなりに掛かりながらも無理なく血流をよくすることを心がけたいです。

正しいストレッチのやり方

ストレッチをやる場合にイメージをしていただきたいのは、血管を伸ばすように行ってください。血管の構造はゴムチューブのようなものです。ゴムチューブを引っ張るようなイメージで伸ばしてあげると血管は柔らかくなります。血流の悪い原因は、血管が硬くなっていることが原因としてあります。ですから血管を縦に無理なく引っ張るイメージで伸ばしてあげてください。

体調不良にならないための対策

血流をさらに効果的に改善するために…

ストレッチを習慣化するだけもでも血流はよくなりますが、その他にも血流をよくする方法があるのでストレッチと一緒にやることでさらに効果的な血流改善に繋がるはずです。

筋膜のケアをしてあげる

血管が体の中だとすると筋膜は、全身の筋肉を包み込んでいる膜で体の表面部分になります。体の中と体の表面ですが、血管も筋膜も体の中で繋がっています。ですから血管はストレッチ、筋膜は筋膜ケアをすることで効果的に体の調子も整えてくれることになります。

筋膜は、鶏肉を捌くときに肉と皮を剥がす時に肉と皮を繋いでいる膜があると思いますがそれが筋膜です。この膜が実は、体が強張ると膜が絡まったり、くっついたりしてしまうのです。そのような状態になると肩や腰などの凝りになるので、そこをほぐしてあげてから、ストレッチをすると血流改善がさらに効果的になります。

腰周りを筋膜リリース

筋力トレーニングは、血流改善の効果的!

体調不良には血流改善が良いというのはおわかり頂けたと思います。ストレッチや筋膜ケアで血液の流れがよくなってきたら、その血液の流れをさらによくしてあげることが体調不良の改善を促進してくれます。筋力をつけるということは、血管がゴムチューブの管だとすると筋力をつける行為は、そのゴムチューブをより太くしてその管の中を広くして血液の流れをさらに流れるようにしてあげることになります。幅の狭い川だと流れが早くなると氾濫する危険が高くなりますが幅の広い川ならその危険は低下します。氾濫を人間のカラダに例えると血管が切れたり、泥水が多くなれば詰まったりするような感じになります。この状態が血管の疾患になります。ですから少しでも血管を太くて弾力のあるものにしてあげれば血液がサラサラで健康にいられるようになります。

らくらく体幹

声を出すことも実は体調不良の改善に繋がる?

そして血流をよくする方法として良いとされているのが声を出すことです。体を動かすことが血流改善に繋がることはおわかりだと思いますが、「声を出すことが血流改善?」と思われる方がいるのではないでしょうか?しっかりと声を出す行動は、より脳に近い箇所で体を動かす行為なので脳の血流改善にとても良いのです。よくカラオケで歌った後に気分がよくなりませんか?歌ってスッキリするのは、ストレス解消になりますが実は、声を出して脳を含めた頭部周りの血流がよくなることでスッキリするのです。そして声を出すことはオキシトシンという「幸せホルモン」が出て若返りにも繋がります。このように体全体の血流をよくしてあげ、健康のベースを上げてあげることで特にこの梅雨時期に悪くなりやすい体調を元気にしてあげることが出来ます。

体の様々な部分の血流をよくしてあげましょう。

②体験レッスン

マナビバでは、体全体の血流を改善してくれるプログラムがたくさんあります。

この時期の体調不良を改善したい方は、無料で体験できます。

こちらのページをご確認ください。

体験のご案内

体験のご案内は画像をクリック